寺本動物病院Staff Blog

運動器超音波セミナー



先日、名古屋市獣医師会館で行われた運動器の超音波検査セミナーに参加させて頂きました。講師は東京大学附属動物医療センターで整形外科と神経外科を担当されている本阿彌 宗紀先生です。

 獣医医療の分野において、腹腔内臓器や心臓を対象とした超音波検査は比較的普及していますが、運動器の超音波検査はまだ新しく、10年前には耳にしませんでした。超音波検査は全身麻酔が不要であり、一定水準以上の性能をもつ超音波診断装置があれば検査ができますので今後普及していく診断方法ではないかといわれています。

 セミナーでは、はじめに講師の先生の実演を見学させて頂き、その後各2〜3人のグループに分かれ、実習形式で用意された犬の膝関節と肩関節を超音波診断装置で観察します。比較的高齢の犬でみられる前十字靭帯断裂とそれに伴う半月板損傷や上腕二頭筋腱滑膜炎の診断方法を中心に学ぶことができました。

  間近で講師の先生が描出する様子を見ることができることや、直接質問できることが実習形式セミナーの良さであると実感しました。また、同じグループで受講されていた先輩獣医師の先生方と昼食をご一緒し、参考や刺激になるようなお話を色々聞くことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。今後、繰り返し超音波検査を行う中で検査精度を高めていきたいです。

 獣医師  舩木 大志
  1. 2018/04/13(金) 07:45:50|
  2. 獣医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィラリア

寒い冬もようやく終わり暖かく過ごしやすい季節になりましたね。

すでに桜は散ってしまった所が多いですが、今年の桜も綺麗に咲き、各地でお花見を楽しんだ方も多いのではないでしょうか。私も近くの公園に花見に行きました。タイミングよく満開でポカポカ陽気でしたので楽しめました。🌸

さて、私たちにも動物にとっても過ごしやすい時期ではありますが、蚊やノミ・ダニも活発になりやすい時期です。すでに、病院に予防薬を取りに来られる方が増えてきました。

フィラリア予防は5月~12月が予防期間で、飲み薬または注射で予防をします。予防をスタートするにはフィラリアに感染していないか血液を調べる必要があります。

ノミやダニの予防薬に関してはシャンプー、トリミングのタイミングに気を付けて頂ければいつでもお渡しできます。こちらは内服薬と外用薬がありますので、どちらかを月に1度使ってあげて下さい。

フィラリア予防、ノミ・ダニ予防、狂犬病注射などにより、4月~6月初旬頃までは診察がかなり込み合うことがあります。スムーズに診察を進めるため、あらかじめ予約のお電話をお願いいたします。

動物看護士   池田

  1. 2018/04/07(土) 14:02:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き芋専門

image1_201803272308162bd.jpeg

先日、愛知県にある焼き芋専門店に行ってきました。
こちらでは,全国のいろいろな種類のお芋を取り扱っていて、毎日日替わりでその中の数種類を厳選して販売しているそうです。

同じお芋といっても、「ねっとり系」「ほくほく系」であったり、糖度に違いがあるものがあり、芋好きな私にとっては見るだけでとても楽しかったです!

そして、なんとわんちゃんを飼っている方には「犬用のお芋」を無料でもらえるというサービスをしていました。
わんちゃんもお芋が好きな子が多いと思うので、ぜひお家の子を連れて行ってみてはいかがでしょうか?(^_^)

動物看護師 足立
  1. 2018/03/27(火) 23:09:52|
  2. 休暇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の訪れとともに

image1_20180313213905055.jpeg


今月に入ってから少しずつ気温が上がり、春らしくなってきましたね。私の家の近くで、梅の花がとても綺麗に咲いていました!
暖かくなると同時に私たちを困らせるのが花粉症です。私は花粉症ではないので今は全く症状がないのですが、突然発症する事があるようなので、油断はできないですね(>_<)
私の家族は,鼻水や目のかゆみにかなり悩まされているようで、毎日薬を飲んでいます。
わんちゃん猫ちゃんにも花粉症があるのを知っていますか?くしゃみや鼻水よりも、体を痒がったり皮膚が赤くなったりと、皮膚炎のような症状が出る事が多いようです。

現代病とも呼ばれる花粉症、人間だけでなく、お家のわんちゃん猫ちゃんもどうかよく様子を見てあげてくださいね。

動物看護士 染葉
  1. 2018/03/13(火) 21:40:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一番と二番の違い

IMG_0318.jpg

と,言いましても事業仕分けの話ではなく,オリンピックの話でもありません。
今回は「だし」の話です。
普段だしをとる際は,
1:にぼしのみ,2:昆布+鰹節,3:にぼし+昆布+鰹節の3パターンを料理によって適当に使い分けているのですが,これまで一番だしと二番だしに果たしてどれほどの違いがあるのか,正直なところきちんと判断できる自信がありませんでした。横並びで比較したことがなかったもので。

今回実験として一番だしと二番だしを用いてそれぞれ味噌汁を作り,どちらのだしで作ったか分からないようにした状態で比較をしました。(写真ではネギがきちんと切れていないですね)
結果,風味の強さの違いで何とか一番だしと二番だしを当てることができましたが,大変勉強になりました。

教科書によると,用途によって使い分けるように記載してあり,必ずしも1番だしだからエライというわけでもないようですが,プロの方々が実際にどうしていらっしゃるのかは私は知りません。
自分が学生時代にアルバイトをしていた小料理屋さんでは,様々な料理にいつも3のだしを使用していました。
味噌汁がとても美味しくて,東海圏から外に出た方が,「やっぱり味噌汁は赤だしが好き」と言うのを聞きますが,自分の場合は地元から出たことで,西京みそ(白味噌)の味噌汁の方が断然好きになりました。

獣医師 寺本

  1. 2018/03/04(日) 09:31:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ