寺本動物病院Staff Blog

アクア・トトぎふ


先日、世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふに遊びに行ってきました。
名前の通り川にいる生き物のみ展示されています。
海の生き物に比べると見た目が地味なものが多いですが、展示方法が工夫されているので、本当に川の中をそのまま覗いているような気分になります。
                                                                          
私が小学生の頃、水族館で将来働きたいという夢があり、何回も通ったりバックヤードツアーに参加したりしていたので、とても思い入れがある場所です。
行くのは数年ぶりだったので、ここは変わってないなぁ、あそこは前と違うなぁと懐かしみながら見て回りました。
                                                                         
写真はメコンオオナマズという大型のナマズです。
最大3mまで成長するらしく、アクアトトにいる個体は一番大きいものが一昨年の時点で1.6mだったそうです。
                                                                         
遊びに行った日が平日でかなり空いていたので、自分のペースでゆっくり見られてとても満足できました。
                                                                         
動物看護師 染葉
  1. 2018/12/17(月) 00:02:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豚コレラ/アフリカ豚コレラ研修会

IMG_0534.jpg

岐阜県獣医師会主催の豚コレラについての学術研修会に参加してきました。
今年9月に岐阜県で,日本では26年ぶりの豚コレラが発生したことは,報道で御存知の方も多くいらっしゃることと思います。

豚コレラは,豚コレラウィルスによって起こります。ブタやイノシシにおいて発熱や下痢などを引き起こす,強い伝染力と高い致死率が特徴の伝染病です。発生した場合の経済被害が甚大であることから,家畜伝染病予防法において,高病原性トリインフルエンザや宮崎県で大きな問題となった口蹄疫などとならび,監視伝染病(家畜伝染病)に指定されています。

研修会では豚コレラおよび類似の監視伝染病であるアフリカ豚コレラについての学術情報を勉強してきました。
一通りの講演が終わった後に,質疑応答の時間があったのですが,非常に活発なやり取りがありました。
大ベテランの獣医師も多数参加していらっしゃって,40年前に豚コレラに実際に遭遇し,最前線で対応にあたった方の話などは非常に興味深いものでした。

また,本研修会は一般公開もされておりましたので,参加者のなかには現役の猟師さんもいらっしゃいました。
イノシシ狩りを長年行ってきたという猟師さんからは,イノシシの行動範囲は,一般的な認識である4〜5 km圏内ではなく,もっと広いものである印象を持っているとか,イノシシは木曽川を渡って簡単に愛知県側に移動することができるほどの泳力をもっているなど,豚コレラの発生が岐阜県にとどまらず,近隣県においても非常に切迫した問題であることを認識させる話を聞くことができ,大変勉強になりました。

最後に,豚コレラはヒトに感染しませんが,誤った情報がインターネットなどで出回っており,風評被害がでているようです。主催者からは正しい知識を持つように呼びかけがありました。

獣医師 寺本
  1. 2018/12/05(水) 01:02:57|
  2. 獣医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良


先日小学校の修学旅行ぶりとなる奈良に遊びに行ってきました
久しぶりすぎて奈良がどういう所だったのかすら忘れていましたが、行ってビックリ‼️鹿だらけ‼️
奈良公園だけに鹿がいると思っていましたが道路を走っているとあっちからもこっちからも出てきます
そして…ビックリする程人慣れしていて頭がいいです鹿せんべいを持っていないと近寄ってこないのに、鹿せんべいを買ってお金を払って振り向くとすでに囲まれています
鹿の学習能力はすごいですね!一頭ずつ見てるととってもかわいいのに10頭くらいで囲まれるとやっぱりこわいです…さらに、なかなかあげないと服や鞄をひっぱるのでさらにこわいっ!
なぜかお店に並んでいる鹿せんべいは襲わないし、ちゃんともらう前はお辞儀をしてくれるしビックリです!
しかも地元の方なのか、たくさんの鹿の中を普通に犬の散歩をしていて犬も鹿も喧嘩する事なく過ごしていることに驚きました。

久しぶりの奈良でしたが、大仏様の大きさから鹿の多さ、鹿さんの賢さなどいろいろとビックリなことだらけの奈良でした
東大寺は世界遺産ですがワンちゃんも一緒に入れます。それもビックリですね!
皆さんも是非ワンちゃんと奈良に遊びに行ってみて下さいね

動物看護師 星野裕美
  1. 2018/11/27(火) 13:44:45|
  2. 休暇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物の救急医療



 前回のブログでご紹介しました獣医学会で救急医療に関する講演が興味深かったためお話ししようと思います。
 呼吸器や循環器は直接生命の維持に関わるため、それらの臓器に重篤な疾患をもつ患者さんは一刻も早い処置を必要とする状態で来院されることがあります。一部の心臓疾患が悪化すると発症する肺水腫もこれに含まれ、重篤な呼吸困難が起こる可能性があります。
 肺水腫とは循環不全により血液由来の液体成分が、本来空気で満たされるべき肺の空間内に漏出し、正常なガス交換ができなくなっている状態です。肺水腫を発症している患者さんは呼吸が早く、苦しくて伏せることができないこともあります。
 講演で学んだ肺の超音波検査による肺水腫の診断は呼吸状態が悪化している患者さんに酸素を吸入させながら、かつ苦しがらない体位で検査を行うことができます。肺水腫の診断法としてはレントゲン検査がスタンダードであり、今後も避けられない検査方法なのですが、酸欠状態を少しでも安定化させることが最優先される状況下では容易に撮影できないケースがあります。
 講師の先生には、その他に心臓や腹腔内臓器の救急的な超音波検査に関してもお教えいただき、今後実用的な技術になりそうです。

獣医師 舩木

  1. 2018/11/22(木) 01:19:10|
  2. 獣医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セミナー参加

先日、長良国際会議場で猫の取り扱いに関するセミナーに参加しました。

場所と日時の関係でかなり混雑していましたが、同じ看護士と思われる同業者の方々100人以上が集まり講義を受けました

病院が嫌い。苦手。という方はいると思います。私は歯医者さんが嫌いです。歯医者さんでお馴染みのキーツツツ‼‼という音を聞いただけでビクッ!?。(゜ロ゜;と思わずドキドキしてしまいます。

動物も一緒です。

病院でイヤーな記憶や体験をしてしまうと、どうしても触られたくない!病院嫌い!という状態になってしまい診察ができない、また次に繋げることができません。。

今回のセミナーでは主に猫ちゃんにストレスを与えないためにできる配慮や、触り方、保定のコツなどを教えていただきました

日頃から行っている内容の部分もありましたが、他に良い方法はないのかなと、考えられる良い機会になりました。これからの仕事の中で実践していきたいです。

今年も残す所あと1ヶ月半。体に気をつけてお過ごしください。

動物看護師    池田有里

  1. 2018/11/14(水) 01:23:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ