寺本動物病院Staff Blog

手術



先月末、愛犬のビビが手術を受けました。
2年程前からお尻にしこりがあり、ここ数ヶ月で少し大きくなってきていたので、しこりがどんな種類の腫瘍なのか検査も兼ねて全身麻酔をかけて切除しました。

避妊手術以来6年ぶりの手術だったこともあり、無事に手術が終わってくれるだろうかと、家族も私もとても心配していましたが、翌日には退院することができました。
切除したしこりの検査も先日結果が出ており、良性腫瘍だったとのことでほっとしています。

このような全身麻酔をかけての処置は100%安全なものではありません。
どんなに健康な動物でも、非常に低い確率ではありますが、亡くなってしまう可能性があります。

普段私は動物看護師として麻酔をかける動物を預かる立場になります。
しかし、今回飼い主として自分の犬を預ける立場になってみて、飼い主様が全身麻酔に対してどれだけ不安か、どれだけ動物を心配しているかが改めてわかる良い機会になりました。

動物看護師 染葉

  1. 2020/08/16(日) 00:32:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花火 | ホーム | 柳ヶ瀬ぶらぶら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teramotoah.blog.fc2.com/tb.php/409-04b13956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)