寺本動物病院Staff Blog

ケンちゃんとの再会

DSC_0660のコピー

先日、当院に通って下さっていた飼主様が羊毛フェルトで作成された愛猫のケンちゃんをみせに来て下さいました。

ケンちゃんは数年に渡る慢性腎不全の闘病の末、約3ヶ月前に残念ながら亡くなりましたが、飼主様からだけでなく病院スタッフからも愛されていたフレンドリーな猫ちゃんでした。

その後、飼主様はペットの羊毛フェルトを専門で作られている作家さんに依頼されたそうで、生前のケンちゃんの画像を参考に作成されているため毛色や体型の特徴がよく再現されており、こちらを見る表情がケンちゃんそのもので驚かされました。

ペットを失った悲しみや寂しさは簡単に癒えるものではありませんが、羊毛フェルトの存在が今もペットがお部屋の中に居てくれるような雰囲気を作り、ご家族の心をほっこりさせてくれるのだと思います。

ケンちゃんに対する飼主様のお気持ちに共感していただける方は数多くいらっしゃると思いましたので、ご了承を頂きまして紹介させて頂きました。

獣医師 舩木
  1. 2022/07/06(水) 20:02:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<みえてる? | ホーム | ジェラート >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teramotoah.blog.fc2.com/tb.php/481-3b6f3b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)